« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »

2004年2月29日 (日)

【メガライナー】スケールモデル,JRバス関東のほうでも発売開始

 以前書いた記事に忘れたころ(^_^;;;)のように追記しましたが,関鉄ではメガライナーの1/80スケールモデルを300個限定で発売していました(なお既に完売(ほぼ即日))が,その前にこちらのWebサイトのほうで予告があったのですが,JRバス関東でもメガライナーの1/80スケールモデルが発売となりました。

 なお,発売のほうは23日から開始され,JRバス関東の東京営業センター((自)東京駅;先日JR八重洲南口改札前に移転)とネットショッピングサイト(URL:http://m2c.to/buskanto/)において購入することができます。2号車(JRバス関東の2次車)と3号車(関鉄にリースされた際のラッピングされる前の白塗装の)の2種類あり,どちらも300個限定,関鉄の方は1個6,500円だったのですが,JRのほうは何故か500円高く,1個7,000円(税込?)だそうです。

 すでに発売開始されて1週間が経っていますが,サイトのほうを見たところ(3月1日午前2時30分現在),2号車があと196個,3号車があと219個となっていまして,やはりJR塗装のほうが人気があるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【かしま号】去年の1月16日に改正があった!?

 高速バス『かしま号』で,3月1日に『水郷潮来』バス停の通過予定時刻が変更されることに関しては既にこちらで記事にしましたが,ちょっと各社のWebサイトを覗いていたところ,京成バスWebサイトに掲載の時刻表(リンク先は平日の)によると,2002年5月31日の水郷潮来バス停がバスターミナルへの移転に伴う改正(時刻の変更)の後,なんと去年の1月16日に一部改正があったと記載されていたのです。

 ということなので,手許にあったJRバス関東発行の高速バス時刻表で改正直前と思われる2002年12月号(2002年12月20日現在)と最新の2004年1月号(2003年12月12日現在)を比べてみると,多少の変更がありました。

 変更になっていた内容ですが,前と後で『鹿島アントラーズクラブハウス』バス停経由便が増えていたのです。具体的にいうと以下の便が『宇宙通信センター』経由から『鹿島アントラーズクラブハウス』経由に変更されています。

  1. 上り 東京駅行(計1便)
    • 鹿島神宮駅 19:00発 (クラブハウス 19:12発)
  2. 下り 鹿島神宮駅行(計2便)
    • 東京駅 18:00発 (クラブハウス 19:48着)
    • 東京駅 19:00発 (クラブハウス 20:48着)

 いずれも何故か夜の便で,始発バス停正時発というのは変わりません。これにより,鹿島アントラーズクラブハウス経由便が改正前の上り11本,下り10本から,上下12本づつになったようです。なお,それ以外の点に関しては,見たところでは,変更されているようなところはないみたいです。

#でも,2003年4月号では2002年12月号と全く同じ(2003年6月号からは変更済み)ってことや,交通新聞社発行の『高速バス時刻表』の最新版(2003~2004年冬・春号)や,3社のWebサイトのほうに掲載の時刻表が以前のまま(1月16日改正と書いてあった京成バスの時刻表もなぜかアントラーズクラブハウス経由便は以前のと同様)というのが気になるのですが……(;_;)まさか,他に改正になっているところがあるのかもってことは……。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004年2月27日 (金)

【JR3/13改正】(5)上越新幹線『本庄早稲田駅』開業関連

 JRの3月13日改正に関する纏めの(一応の)最終回である5回目は,JR東日本にとっての今回の改正の目玉といってよいであろう,上越新幹線の『本庄早稲田駅』開業に関してです。

 手許にあるJR時刻表の2004年2月号によると,本庄早稲田駅には下り26本,上り25本の合わせて51本停車されるとのことです(朝夕が中心,日中は1時間当たり上下1本見当)。この開業により,運賃計算等のルールが一部変更になります。

 本庄早稲田駅開業にあわせて,記念入場券やカードが発売になります。

 JR東日本Webサイトの最新ニュースのページや,同社高崎支社のWebサイトのほうで案内が出ていますが,概要は以下の通りです(いずれも13日より発売開始)。

  1. 記念硬券入場券
    • ねだん:140円
    • 発売箇所:本庄早稲田駅のみ
    • 発売枚数:2,000枚(1人10枚まで限定)
  2. 記念オレンジカード
    • ねだん:1,000円
    • 発売箇所:本庄早稲田駅のみ(聖地(^_^;)神保原駅で通販受付あり)
    • 発売枚数:2,000枚限定
  3. 記念Suicaイオカード
    • ねだん:2,000円(デポジット500円込)
    • 発売箇所:本庄早稲田駅など各駅(高崎支店管内が主)
    • 発売枚数:15,000枚限定

 入場券やオレンジカードは2,000枚と枚数が少ないし,Suicaイオカードの方はこれまでの前例で,これぐらいの枚数でも即日完売していますから,かなり気合を入れないとだめかもしれません。

 以上で,ダイヤ改正関連のまとめは一応終わりにしたいと思います(続報があれば随時追加する予定です)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月26日 (木)

【JR3/13改正】(4)水戸線・水郡線

========
ちなみに(1)常磐線特急(1),(2)常磐線特急(2),(3)常磐線中電
========

 3月13日ダイヤ改正に関する記事の4回目は水戸線と水郡線に関してです。

 まず,水戸線ですが,1つ目は小山での東北新幹線との接続改善が挙げられています。例ではこれまでぎりぎり接続できなかった乗換が10分ほどの接続時間で乗換ができるようになってことがあげられています。
 2つ目は,10~14時台に関して,小山駅の発車時刻がパターン化されることが挙げられています。

 続いて水郡線ですが,常陸大子駅での接続改善が挙げられています。例では接続時間が44分から4分と40分短縮の例が挙がっていました。

 以上で水戸支社発行のパンフレットから読み取れるダイヤ改正に関する情報を終わりにします。

 最後の5回目は,今回の改正にあわせて開業する上越新幹線の『本庄早稲田駅』に関する情報を集めてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月25日 (水)

【JR3/13改正】(3)常磐線普通列車

 3月13日ダイヤ改正に関する続きで,3回目は常磐線の普通列車に関して取り上げます。

 1つ目は,JR東日本のプレスリリースでも触れられていましたが,これまで日中のみだった常磐線中電の南千住・三河島停車が,通勤快速を除いて全便となります。

 2つ目は,特急との乗継・接続の改善で,以前,

常磐線の普通列車⇔特急の接続の合理化(日立駅(下り)及び常陸多賀駅(上り)では同ホームで乗換可に)。
と書いていましたが,日立駅,常陸多賀駅に関しては上りのみで,S34号,S54号の退避駅を日立から常陸多賀に変更したことによるものと推測されます。
 また,友部駅ではF63号からの接続時間が56分から3分に大幅に短縮になることが触れられていました。

 最後に,このダイヤ改正を機に,常磐線『川尻駅』が十王駅に駅名が改称されます。

 続いて4回目は水戸線と水郡線に関して見てみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月24日 (火)

【JR3/13改正】(2)常磐線特急(その2)

 ということで,3月13日JRダイヤ改正情報の続きで,常磐線特急の続きです。

2.特急の停車駅が増加
 (1)でちょっと触れたおはようフレッシュひたち号(神立・荒川沖)のほかに,下り6本,上り4本で停車駅が増えます。概要は以下の通り(「F」はフレッシュひたち,「S」はスーパーひたちの略だとする,以下同様)。

  • 佐貫新規停車 … 下り:F53号
  • 牛久新規停車 … 下り:F9号 上り:F12号,F40号
  • 土浦新規停車 … 下り:S55号 上り:S22号
  • 勝田新規停車 … 下り:S15号,S47号,S51号
  • 東海新規停車 … 上り:S62号

3.フレッシュひたちの自由席・指定席の見直し
 自由席→指定席への変更は上野~土浦間を走るF2号(2号車)とF67号(1号車)の2本です。F67号の指定席新規設定により,常磐線で全車自由席の便は消滅します。
 また,上野~勝田間で14両で運転されているフレッシュひたち号のうち指定席8両で運転されているF9,49,57,8,44,52号は11号車が指定席から自由席に変更となり,指定席と自由席が7両づつになります。

4.スーパーひたちの編成を増強
 S10号及びS43号の勝田~いわき間がこれまでの7両から11両に変更になります。

 続いては常磐線(普通列車)に関してです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月23日 (月)

【JR3/13改正】(1)常磐線特急(その1)

 3月13日(土)にJR東日本はダイヤ改正を行います。今回のダイヤ改正に関しては以前こちらのぶろぐでプレスリリースや新聞報道を元に記事にしましたが,先日(18日)に土浦駅において水戸支社発行の改正に関するパンフレットがおいてありましたので,このパンフレットに基づいて更なる詳しい情報を纏めていきたいと思います。一応水戸支社管内に関しては4回に分けて記事に致します。

 で,1回目は常磐線の特急に関してみてみます。

 まず1つ目に,以前リリースから紹介した通り,『ウィークエンドフレッシュひたち号』が新たに運転されます。651系車両が使用され,下りが金曜日夜(7両),上りが土曜日朝(11両;全車指定席)に運行されます(GW等運転されないときもあり)。下りが上野22:15発→土浦23:08発→勝田23:49着,上りが勝田6:27発→土浦7:09発→上野8:09着です。で,月曜日朝運転の『おはようフレッシュひたち号』の方も運行継続となり,改正後は新たに神立,荒川沖に停車します。今回の改正で神立駅に新たに特急が停車することになりましたが,神立に停車するのは臨時運転の特急のみ(定期運行のは止まらない)であるのがなんともというところです。

 常磐線特急に関してはいったん切って,続きは次にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月22日 (日)

【つくば号】TX開業後の対策は……。

#8日付でasahi.comのWebサイトのほうに掲載されていて,既にサイトから消えているのですが,一応触れてみます(更に実際にこの記事を書いているのが29日だったり……(^_^;;;))。

 さて,つくばエクスプレス(TX;常磐新線)の開業を来年(2005年;平成17年)の秋に迎え,TXの車両の甲種回送及び車両基地への陸送が毎月続けられています(実際先週行われていましたことを土浦駅の方で目撃しています)。方や今月より関鉄でも『メガライナー』導入,そして4両,1日10往復体制を成立させた高速バス『つくば号(東京駅~つくばセンター)ですが,TX開業後もろに影響を受けることもあって,運行を担当するJRバス関東及び関東鉄道の2社は,『ポストTX』を見越して対策に動き出したということのようです。

 まず,JRバス関東のほうですが,先月下旬に『つくば号』乗客にアンケートをとったそうで,その設問には,

  • TX開業後にも利用するか
  • どのような割引乗車券があれば購入するか
  • 座席の広い特別シート(300円増し)があれば利用するか
  • 下りの深夜・早朝バス(運賃2倍)が毎日運行した場合の利用する頻度・曜日・時間帯
というのがあったそうです。

 JRバス関東側のコメントとして,「便数削減はやむをえない。対策として深夜バスも選択肢としてあるが,現在は白紙」とのこと。

 また,関東鉄道では去年7月より『つくばエクスプレス対策室』を設置(関東鉄道Webサイトの組織図も参照)し,対策を練っているとのこと。同社は「停留所の増設やルート変更など,小回りが利くことや機動性などバスならではの特色で利便性向上を図りながら対応したい」とのコメントを残している。

 以前の新聞報道によると,TXのつくば駅~秋葉原駅間の運賃は1,160円と想定しているとのこと。つくば号の運賃よりもTXの想定運賃は安く,実際の運賃もその近辺で決定された場合に,つくば号の場合は特に上りに関しては定時性に劣ることもあり,かなりTXに流れることが予想される。しかし,『つくば号』沿線でも千現や並木付近などTXが開業してもさほど便利になるとはいえないところもあるので,関鉄のコメントにもある通りに,バスならではの『小回りの利きやすさ』を生かす方法が重要であることは間違いないと思う。

 つくば号の動向など,今行われているTDM実証実験共々注目していきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月20日 (金)

2月20日Webサイト更新情報(ニュース中心)

 引き続き今日(20日)『つくば地区交通案内』Webサイトを更新しました。今回は最新情報(ニュース)のページが中心で,既にこちらのぶろぐで掲載したものです。

1.高速バスの最新情報(ニュース)のページで,『かしま号』と『鹿島神宮駅~羽田空港線』の『水郷潮来』バス停の時刻が,3月1日から変更になることに関する情報を追加

2.茨城のJR・私鉄の最新情報(ニュース)のページで,常磐線での『ATOS』の14日からの運用開始と,20日からの土浦駅の番線名の変更と,土浦駅・牛久駅の自動券売機周辺の工事に関する情報を追加

以上を追加しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『かしま号』,鹿嶋~羽田線『水郷潮来』バス停の時刻を変更に(3/1~)

 関東鉄道のWebサイト(URL:http://www.kantetsu.co.jp/bus/bus-new/suigoitako/suigoitako.html)に情報が掲載されていましたが,3月1日(月)より高速バス『かしま号(鹿島神宮駅・鹿島セントラルホテル~東京駅)』と鹿島神宮駅~羽田空港線の2線に関して,『水郷潮来』バス停の時刻が変更になるということです。

 上記Webページを見てみますと,東京駅行,羽田空港行きの分の時刻しか掲載されていませんが,それぞれ現在の通過予定時刻より3分繰り下がっています。これは鹿島神宮駅~水郷潮来間の所要時間が3分延びる(現行:37分→変更後:40分,鹿島セントラルホテル~水郷潮来間……現行:7分→変更後:10分)ことを意味していると思われますので,同様に各線の鹿島神宮駅便の『水郷潮来』バス停到着予定時刻も3分繰り上げになることが予想されます。なお,それ以外のバス停の時刻の変更はないものと思われます。

 なお,『水郷潮来』バス停はおととしのサッカーワールドカップ開催前に,潮来市によって東関道潮来I.C.そばに新たに整備されたバスターミナルで,駐車場(有料)が設置されています。
#その新バスターミナルに移動した際に時刻が変更になっています(東京・羽田行き2分繰り下げ,鹿島神宮駅行2分繰上げ)。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2月20日Webサイト更新情報(主に高速バス時刻表)

 今日(20日),『つくば地区交通案内』Webサイトを更新しました。

 更新の内容ですが,今日ダイヤ改正が行われる高速バス『新宿駅~ひたち大宮・大子線』に関して,東京駅・新宿駅発車時刻表と合わせてPDF版時刻表を最新の第2版(正式版)に差し替えたことと,高速バス時刻表のページに掲載の時刻表の各ページに,その路線のPDF版時刻表へのリンクを加えるなど,2月20日現在のダイヤに完全対応させたことです。

 この後,引き続き最新情報(ニュース)のページの更新を行う予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月18日 (水)

【常磐線】ATOS運用開始

 1月27日の茨城新聞の10面『経済』欄などで記事が掲載されていましたが,JR東日本のコンピュータシステム『ATOS(東京圏輸送管理システム)』が14日より常磐線(快速・中電)上野~羽鳥間(及び緩行線綾瀬~取手間)で運用が開始されました。

 ATOS運用開始に伴い,各駅にLED表示の発車案内表示機が設置されました。18日には石岡駅・羽鳥駅の(自動)改札の上側に発車案内表示機が設置され(ホームには18日現在設置されていませんでした(神立・高浜・荒川沖・ひたち野うしく・牛久も同様)),実際に稼動していました(2行タイプで,種別,行先,発車時刻,両数,番線が(この順で)表示されます)。また,案内放送も行われるようになりました(次に発車する便に関して,時刻などはもちろん,両数,乗車位置,そして更にドア数(E531系が入ってくると,3ドア,4ドアが混在するので必要になる)も放送されていました)。
#なお石岡駅自動改札上の発車案内表示機は1月末には既に設置されていました(但し『工事中』の張り紙がされていて,表示とかはなし)。

 新聞報道によると,情報端末なども設置されるとのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【土浦駅・牛久駅】自動券売機周りの改良工事開始

 今日(18日)に土浦駅と牛久駅に寄ったのですが,自動券売機を手前側に出して,開いた空間をベニヤ板で覆っていました。そこにはってあった掲示によりますと,『運賃表をより見やすく,自動券売機をより利用しやすく』するために,改良工事を行うということです。

 改良工事の内容ですが,自動券売機上に掲示されている運賃表を上側を手前に出して傾斜させることにより,見やすくすることと,券売機の両サイドの壁を取り払い利用しやすくすることのようです。工事の方は土浦駅では14日から,牛久駅では16日から始まっており,それぞれ3月中旬までに終了する予定となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月20日より土浦駅の番線名が変更に

 今日(18日)に土浦駅に寄ってみた所,20日始発より土浦駅の番線名が変更になる旨の掲示が張り出されていました。

 その掲示によると以下のように変更になります。

  • 常磐線下り(石岡・水戸方面)
    • 2番線 → 1番線
  • 常磐線上り(取手・上野方面)
    • 3番線 → 2番線
    • 4番線 → 3番線

 もともと1番線は約15年ほど前に廃止された『筑波鉄道(土浦~筑波~岩瀬)』が利用していて,廃止された後も最近まではホームなどがそのまま残っていたのですが,ホーム側に(牛久駅の旧3番線側のように)柵が取り付けられて,線路後も撤去されてしまいました。これで名実ともに『筑波鉄道』の跡が完全に土浦駅から消えてしまったことになります。各番線のホームに設置されている発車案内表示機の方も新番線に対応しているようで,土浦駅に行った当日は現番線が書かれたシールで隠されていました。

 『土浦駅を利用しやすい駅にするために,分かりやすく』というのが番線変更の理由として挙げられていましたが,『筑波鉄道』を物語るものが消えてしまうのに,ちょっと寂しさを感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月15日 (日)

2月15日Webサイト更新情報

 今日(15日)に『つくば地区交通案内』Webサイトを更新しました。

 内容ですが,既にぶろぐ版のほうで書きましたニュースを高速バスの最新情報(ニュース)のページに追加したことで,追加内容は,


  • 高速バス『新宿駅~ひたち大宮線』のJR担当1往復も烏山駅まで延伸(2月20日~)

  • 高速バス東京駅八重洲南口の切符売り場の移転(2月19日~)


 また,先日公開した高速バス『新宿駅~ひたち大宮線』の2月20日改正後の時刻表を,今回判明した烏山駅延伸に対応させました(PDF版時刻表も同様(第2版β))。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月14日 (土)

東京駅高速バス切符売り場が移転

 東京駅八重洲口の再開発関連で,去年の12月3日より東京駅八重洲南口の高速バス乗り場が移転されていますが,関鉄のWebサイトによると,2月19日(木)より(自)東京駅の高速バス切符売り場が移転されるとのことです。

 移転先はJRの八重洲南口改札脇,ちょうどJRの切符売り場(自動券売機)の真向かい,駅入口側から見ておにぎり屋の奥になるようです。

#(自)東京駅の移転の話なのに,何故かJRバス関東のサイトより先に関鉄の方から最初に情報が出てきたのは……。JRバス関東のWebサイトのほうではひっそりと(笑),いつの間にか『つくば号』の時刻表がメガライナー増便に対応していました。

◇追記(2/18)
…と書いていたら,JRバス関東のWebサイトのほうでも高速バス切符売り場移転に関する情報が掲載されました。
#しかし,略図の方が荒くてちょいと見づらい……(;_;)
なお,JRバス関東のWebサイトのトップページに高速バス『新宿駅~ひたち大宮線』の2月20日改正の案内と新時刻表へのリンクが追加されていました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004年2月13日 (金)

高速『新宿~ひたち大宮線』の大宮止まりの残りの1往復も2/20より烏山駅延伸へ

 以前こちらで報告しました,高速バス『新宿駅~ひたち大宮線』の2月20日からの大子町への延伸の続報です。

 JRバス関東のWebサイト(URL:http://www.jrbuskanto.co.jp/mn/cjj0010412_1.html)のほうに2月20日改正の高速バス『新宿駅~ひたち大宮・烏山・大子線』の新時刻表が掲載されました。

 その時刻表によると,以前報告した通り茨交担当の2往復が茨交県北バス大子営業所始発・終着になっているほか,JRバス関東担当で大宮町総合福祉センター始発・終着のままだった1往復(上り大宮町総合福祉C7:00発,下り新宿駅新南口16:10発)が2月20日より烏山駅始発・終着となります(上り烏山駅6:05発,下り新宿駅16:10発)。今回延伸される烏山方面便の大宮~新宿間のダイヤですが,大子方面同様変更はありません。

  これにより,2月20日からは烏山駅始発・終着が2往復(JRバス関東担当),大子町(茨交県北バス大子営業所)始発・終着が2往復(茨城交通担当)といった体制になります。

 なお,前の記事で少し触れていました往復割引きっぷ『フォーデー・リターンきっぷ』に関してですが,やはり今回延伸される大子方面で新設される4バス停からは,8月の烏山延伸の際に新設された3バス停同様利用できないようです(つまり,2,240円区間のみ利用可)。

 Webサイトのニュース・時刻表等は後ほど更新いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月12日 (木)

『マイリスト』の『メモ』欄が……

 今しがた,ぶろぐ版の記事をアップしたり,スタイルシートをいじくってたりして気がついたのですが,『マイリスト』のフォーム部分の『メモ』欄,縦幅が広くなっていませんか??確か以前は2・3行分しか表示できなかったのが,今見たら5行分も表示できるようになりました。
#これでスタイルシートがいじくりやすくなった……(^_^;;)

|

『オートアンカー』のてすと

 今更ながら(^_^;)オートアンカーのてすと

既に@niftyのWebサイトなどで告知がされていましたが,『アットホームページ』の基本ディスク容量(無料(基本料金だけ)で利用できるWebサイトのディスク容量)が2月2日より,これまでの10MBから20MBと倍に増量されました。
[from: つくば地区交通案内 ぶろぐ版 ]

 もう一度テスト。

 現在茨交が運行している2往復すべてがそのまま大子町方面まで延長されることになります(なお大宮町~新宿駅区間のダイヤはそのまま変更なし)。

 これで,スタイルシートの調整も含め,完了!!

|

2004年2月 7日 (土)

@homepageのディスク容量が20MBに

 既に@niftyのWebサイトなどで告知がされていましたが,『アットホームページ』の基本ディスク容量(無料(基本料金だけ)で利用できるWebサイトのディスク容量)が2月2日より,これまでの10MBから20MB倍に増量されました。

 で,「そういえば容量増えるんだったな」と思い出して,今しがた自分の分の容量を確認してみたら,ディスク使用可能総量の欄は10MBと増えていませんでした。あれっと思っていろいろと見回してみたところ,自動的に増えるということはなくて,容量追加のページから自分で手続きをしないと増えないのでした(関連のココログ記事"By ココログル")。なので,手続きをとったところ,しばらくしたら(数分程度待てば)ちゃんと20MBに増えました。

 これで@Niftyで持っているディスクスペース(メール関連を除く)は@homepage:20MB,ココログ:30MBと合わせて50MBとなりました。ココログ設置し始めたときに,



*>#しかしまぁ,普通もてるWeb領域が標準で10MBなのに,『ココログ』では標準で30MBというのも……(^_^;;;)


と書いていたように,ココログのディスク容量が一見して多いように感じるのですが,実はカテゴリー別のページやバックナンバーとして月ごとのページが自動生成されたりRDF関連の情報が付記されたりと,実際書いた分量の3倍程度のディスク容量が消費されるという罠(爆)が存在するのです。

#20MBに容量が増えても,まだ0.1MBぐらいしか使っていないんだよなぁ>@homepageのディスク容量(激爆)。実質的に容量無制限のところでメインのサイトは作っているし……(^_^;;;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログディスク使用容量調査(2ヵ月後編)

 12月7日に『ココログ』をはじめてちょうど2ヶ月となりました。なので,1ヵ月後のときも行いましたが,2月6日の記事まで入れた分の『ココログ』のディスク使用容量を調べましたところ(↓の2月6日の記事を書いてから相当時間が経っていたし,昨日見たときよりも増えていたので,実態を示しているでしょう),


1.28 メガバイト (4.27%)

でした。なお,記事数:63,コメント数:2でした。

 ちなみに,1ヵ月後のときは0.656 メガバイト (2.19%);記事数:29,コメント数:1でしたので,記事数では倍以上ですが,容量では2倍弱といった感じですね。カテゴリーを作っておきながら(^_^;;)画像を使っていないからそれぐらいで収まっているのかもしれません。このままの調子だったらあと4年ほどは持ちそうです。

 なんかの記録になるかもしれませんので(^_^;),このあとも継続して調査していきたいと思います。

◇追記
 この記事の『記事を編集する』画面のURLを見ると,“https://app.……&id=199395&……”となっているので,この記事がココログ全体で19万9,395番目の記事のようです。ということはまもなくココログ20万記事が達成されるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004年2月 6日 (金)

2月6日Webサイト更新情報(時刻表中心)

 Webサイトのほうですが,更に更新しました。

 更新内容ですが,高速バス時刻表のページが中心で,『新宿駅~ひたち大宮線』で,2月20日からの大子町方面(茨交県北バス大子営業所)延伸に対応した時刻表を掲載したこと(あわせて東京駅八重洲南口,新宿駅新南口の時刻表も対応のを掲載)と,夜行高速バス『シーガル号』の2月20日~3月18日の間の運賃割引キャンペーン対応の時刻表を掲載したことです。

 以上,更新に関する情報でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月6日Webサイト更新情報(ニュース中心)

 『つくば地区交通案内』Webサイトのほうですが,今日(6日)に更新を行いました。

 今回は最新情報(ニュース)のページが中心で,こちらのぶろぐ版に掲載した内容を中心に更新しました。

 更新の概要は以下の通りです。


  1. 高速バスの最新情報(ニュース)関連


    • 夜行高速バス『シーガル号』の運賃割引キャンペーン

    • 高速バス『新宿駅~ひたち大宮線』の大子町(茨交県北バス大子営業所)への延伸に関する続報(延伸区間のバス停,ダイヤなど)

    • 『つくば号』メガライナー運行に関する追記


  2. 茨城のJR・私鉄の最新情報(ニュース)関連


    • 日立電鉄,電鉄線の廃止を申請へ。

    • JR東日本水戸支社の企画乗車券『ときわ路パス』の発売



| | コメント (0) | トラックバック (0)

【JR東】ときわ路パス今年も発売!!

 JR東日本水戸支社のWebサイト(URL:http://www.jrmito.com/hotnews/040202/index.html)によると,今年も茨城県内のJR線(一部を除く)が1日乗り放題になるきっぷ『ときわ路パス』が発売になります。

 このきっぷの概要は以下の通り,


  • 1日乗り放題となるフリー区間:


    • 常磐線 藤代~大津港間

    • 水戸線 友部~小田林間

    • 水郡線 水戸~常陸大子間


  • 利用可能な期間:2/21~29,3/13~21の土曜・日祝日と3/1~7

  • ねだん: 大人 1,600円,子ども 800円

  • 発売期間:2/1~3/21

  • 発売箇所:常磐線藤代~相馬間及び水戸線,水郡線のみどりの窓口,及びびゅうプラザ

  • パス提示で,8施設の入場料が割引となる特典あり


 去年は72年に1度開かれる『金砂大祭礼』にちなんで(更にJR東日本の完全民営化記念お客さま感謝月間にもちなんでか)発売されましたが,好評だったのか今年もほぼ同じ内容で発売となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月 5日 (木)

【茨交】『新宿駅~ひたち大宮線』大子町延伸関連詳報

 以前こちらでも取り上げた高速バス『新宿駅~ひたち大宮線(茨城交通,JRバス関東運行)』の2月20日からの大子町方面への延伸に関してですが,昨日(4日)に茨城交通のWebサイト(URL:http://www.ibako.co.jp/bus/hwbus/news040220.htm)のほうに詳しい時刻表等の情報が掲載されました。

 これによると,大子町側の終点は茨交県北バスの大子営業所となったようです。『大子営業所』バス停のほかに以下の3バス停が新設されます。


  • 『大子温泉やみぞ前』(余暇活用センターやみぞ);パーク&ライド用の駐車場設置

  • 『思い出浪漫館前』

  • 『水ぐるま前』(山方町;町特産品センター)


 現在茨交が運行している2往復すべてがそのまま大子町方面まで延長されることになります(なお大宮町~新宿駅区間のダイヤはそのまま変更なし)。

 新宿・東京からの大人片道運賃は『水ぐるま前』バス停までが2,500円,その他の大子町区間3バス停までは2,800円となります(6枚綴りの回数券も発売)。なお,去年8月に延伸した烏山方面と同様に,今回新設されたバス停からはひたち大宮線などに有効な往復割引きっぷ『フォーデー・リターンきっぷ』は利用できないものと思われます。

 この大子方面の延伸により,新宿~大子営業所が2往復,新宿~烏山駅が1往復,新宿~大宮町が1往復といった陣営になりますね。

◆追記
 これに関しては後ほどWebサイトのほうにニュースとしてアップします。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2004年2月 4日 (水)

2月4日Webサイト更新情報

 今日(4日)ですが,『つくば地区交通案内』Webサイトを更新しました。

 更新の概要ですが,

1.高速バス時刻表のページで,『つくば号』の時刻表に関して,1日に乗車したときの調査結果に基づき,各便ごとの2月1日現在の運行担当会社を追記し,対応した。

2.高速バス時刻表PDF版で,『つくば号』の時刻表に関して,1.と同様に2月1日現在の運行担当会社に対応した第2版(正式版)に差し替えを行った。

 以上です。

 なお,1日に関鉄のメガライナーに乗ってきました。その際東京駅日本橋口やつくばセンターなどでメガライナーをデジカメで撮影しておりますので,完全に忘れられた存在(^_^;;;)のメガライナーの特集ページをまもなく製作したいと思っています。製作終了までもうしばらくお待ち下さいm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月 1日 (日)

『つくば号』PDF版時刻表暫定対応版に更新

 ↓の記事で触れていました,『つくば号』のPDF版時刻表に関してですが,ただいま2月1日のメガライナー増便対応版(2版β)をアップしました。なおβ版の名の通り,こちらの方もメガライナー便以外に関しては以前の担当会社のまま掲載していますので,運行担当会社の変更・入れ替えなどにより違う場合がありますので,ご注意願います。

 便ごとの担当会社が判明し次第,正式な第2版を製作し,アップする予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月1日Webサイト更新情報

 今日(2/1),『つくば地区交通案内』Webサイトのほうを更新致しました。

 更新内容ですが,既にぶろぐ版のほうで触れていました,今日2月1日から『つくば号』で関東鉄道の『メガライナー』が運行開始されることに関連して,高速バス『つくば号』の時刻表と東京駅八重洲南口乗り場の発車時刻表を対応させました(但し『つくば号』の時刻表に関しては,メガライナーに関しては各便ごとの運行担当会社は判明していますが,その他の便に関しては現在のところ変更・入れ替えが起きる可能性があるために,便ごとの運行担当会社名を省略した暫定版となります。公式に判明し次第対応致します)。
 高速バスの最新情報(ニュース)のページにも以上に挙げたメガライナーに関する情報を追加しました。

 なお,現在のところ『つくば号』のPDF版時刻表に関しては,メガライナー増便に関する対応はまだ行っておりません。対応が終了し次第,こちらに報告します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »